名刺・封筒・チラシ・ポスター・パンフレットなどの各種印刷・デザイン・自費出版のご相談・お見積りなら、創業50年以上の信頼と実績の宮古プリントにお任せください。

〒027-0052 岩手県宮古市宮町1-4-33

主な対応エリア

岩手県
宮古市・下閉伊郡

営業時間

平日8:30~17:00

お気軽にお問合せください

0193-62-2453

駑馬の読書日記-32

駑馬の読書日記へ ようこそ!

駑馬の読書日記では、弊社社長が自分のことを駑馬(どば)と称し、駿馬(しゅんめ)の対極に置き、人間修養のために日々取り組んでいるの読書の話題をご紹介いたします。

堪忍箱

堪忍箱

目  次

堪忍箱

かどわかし

敵持ち

十六夜髑髏

お墓の下まで

謀りごと

てんびんばかり

砂村新田

 

 

著 者 : 宮 部 みゆき
発行者 : 佐 藤 隆 信
発行所 : 株式会社新潮社
平成13年11月1日発行
平成29年7月1日読了

かまいたち

かまいたち

目  次

かまいたち

師走の客

迷い鳩

騒ぐ刀

 

 

著 者 : 宮 部 みゆき
発行者 : 佐 藤 隆 信
発行所 : 株式会社新潮社
平成8年10月1日発行
平成29年6月30日読了

幻色江戸ごよみ

幻色江戸ごよみ

目  次

第一話 鬼子母火

第二話 紅の玉

第三話 春夏秋燈

第四話 器量のぞみ

第五話 庄助の夜着

第六話 まひごのしるべ

第七話 だるま猫

第八話 小袖の手

第九話 首吊り御本尊

第十話 神無月

第十一話 侘助の花

第十二話 紙吹雪

 

 

著 者 : 宮 部 みゆき
発行者 : 佐 藤 隆 信
発行所 : 株式会社新潮社
平成10年9月1日発行
平成29年6月25日読了

本所深川ふしぎ草紙

本所深川ふしぎ草紙

目  次

第一話 片葉の芦

第二話 送り提灯

第三話 置いてけ堀

第四話 落ち葉なしの椎

第五話 馬鹿囃子

第六話 足洗い屋敷

第七話 消えずの行灯

 

 

著 者 : 宮 部 みゆき
発行者 : 佐 藤 隆 信
発行所 : 株式会社新潮社
平成7年9月1日発行
平成29年6月18日読了

致知 2017年7月号 「師と弟子」

私が年間購読をしている月刊誌である。 
毎月、月初めに届き、心が豊かになる月刊誌である。 

今月号の特集は「師と弟子」である。 

今月号で特に印象に残った言葉は、

 小早川隆景(たかかげ)という戦国武将が、
「万事を決断するに、仁愛を本として分別すれば、万一、当たらざることありとも遠からず」(磯田道史・著『日本人の叡智』より)
 という言葉を残しています。
 小早川隆景という武将は、危機に際して下した判断にはほとんど誤りがなかったといわれ、同じく武将の黒田長政から、その判断の拠り所を問われてそのように答えたそうです。
 私は、隆景の説くこの「仁愛」こそ、いまの日本が大切にすべき言葉だと実感しています。いまの日本が、様々な方面でかつての輝きと力を失いつつあるのは、リーダーの判断基準からこの「仁愛」の精神が失われ、損得ばかりに囚(とら)われているせいではないかと憂慮するのです。

であった。

 

物事を決断する場合、
長期的な視野に立ち、物事の本質を見極め、根本的に正しいのかどうか、様々な側面から見て正しいのかどうかといった基準に基づいて物事を決断する必要があると思う。
また同時に「仁愛」という判断基準を併せ持っていれば決断を間違うことはないと思うのである。

 


今月号からも多くの勇気をいただいた。

そして心が豊かになり、満たされた。 

毎月読了後のさわやかな気持ちは何物にも代え難い。
毎号内容は難解であるが、その内容を噛み締めていると
不思議と腑に落ちる。 

間も無く来月号が届くであろう。
楽しみである。 

おまえさん (下)

おまえさん (下)

目  次

おまえさん(19~21)

残り柿

転び神

磯の鮑

犬おどし

 

 

著 者 : 宮 部 みゆき
発行者 : 鈴 木   哲
発行所 : 株式会社講談社
平成23年9月22日第1刷発行
平成29年6月4日読了

おまえさん (上)

おまえさん (上)

目  次

おまえさん(1~18)
 

 

著 者 : 宮 部 みゆき
発行者 : 鈴 木   哲
発行所 : 株式会社講談社
平成23年9月22日第1刷発行
平成29年5月30日読了

致知 2017年6月号 「寧静致遠」

私が年間購読をしている月刊誌である。 
毎月、月初めに届き、心が豊かになる月刊誌である。 

今月号の特集は「寧静致遠」である。 

今月号で特に印象に残った言葉は、

 どんな逆境に遭っても、決して天を怨(うら)まず人を咎(とが)めず、自らを信じて心穏やかに道を楽しむ。「これは天命だ」と受け入れる。そうすると、霧が晴れ渡るように視界が開け、天から梯子(はしご)が下りてきて、思いもよらない幸運に恵まれるのである。

であった。

 

思いもよらない幸運に恵まれるためには、何事にも一所懸命自分の全力を傾注し、必死に取り組むことが必要なのであると思う。このことにより、どのような逆境に遭遇しても、自分では予期していないような幸運に恵まれるのではないだろうか。一日一日の真剣な生き方が、結果として幸運を引き寄せるのではないかと思うのである。

 


今月号からも多くの勇気をいただいた。

そして心が豊かになり、満たされた。 

毎月読了後のさわやかな気持ちは何物にも代え難い。
毎号内容は難解であるが、その内容を噛み締めていると
不思議と腑に落ちる。 

間も無く来月号が届くであろう。
楽しみである。 

新装版 日暮し (下)

新装版 日暮し (下)

目  次

日暮し(6~18)

鬼は外、福は内
 

 

著 者 : 宮 部 みゆき
発行者 : 鈴 木   哲
発行所 : 株式会社講談社
平成23年9月15日第1刷発行
平成29年5月20日読了

新装版 日暮し (上)

新装版 日暮し (上)

目  次

おまんま

嫌いの虫

子盗り鬼

なけなし三昧

日暮し(1~5)

 

著 者 : 宮 部 みゆき
発行者 : 鈴 木   哲
発行所 : 株式会社講談社
平成23年9月15日第1刷発行
平成29年5月15日読了

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0193-62-2453

FAX:0193-64-0755
受付時間:平日9:00~18:00

お気軽にお問合せください。無料相談実施中です。皆様の疑問質問にお答えします。

Tシャツ・ポロシャツ・キーホルダー
色々なグッズを
おつくりします!

宮古プリントでは、Tシャツ・ポロシャツ、アクリルキーホルダー、缶バッジ、タオル、トートバッグなど、色々なものをオーダーメイドでおつくりします!

詳しくは、こちらをご覧ください!

お問合せはこちら

お電話でのお問合せ

0193-62-2453

0193-64-0755

受付時間:平日9:00~18:00

お気軽にお問合せください。無料相談実施中です。皆様の疑問質問にお答えします。

ご連絡先はこちら

0193-62-2453

0193-64-0755

miyapri@miyapri.com

代表:蟇目 義顕

〒027-0052
岩手県宮古市宮町1-4-33

会社概要はこちら

社長の珍道中

今日の社長では、弊社社長が日々感じたこと、日々の出来事をご紹介します。

詳細はこちら

駑馬の読書日記では、弊社社長の読書の話題をご紹介します。

詳細はこちら